女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因には様々な要因があります。まず、生活の乱れやストレスによる薄毛があります。
現代人は、遅くまでの残業、乱れた食生活、ストレスなどを抱えています。

 

その生活習慣が薄毛の原因になると言われています。
なるべく規則正しい食事を摂るように心がけます。

 

髪は副交感神経が働き、成長ホルモンの分泌が盛んになる睡眠中に成長します。
ですから、睡眠時間をきちんと取ることと早寝早起きの習慣をつけることが大切です。

 

喫煙・飲酒の習慣も頭皮の血流を悪くして薄毛の原因になります。
お酒はほどほどになるべくタバコは禁煙することが望ましいです。

 

仕事の責任が重くなりストレスを抱える方もいれば、職場や家庭などの人間関係に悩む方も多いでしょう。あまり悩みすぎないことも薄毛には大切ですし、健康にも影響を及ぼします。

 

髪の毛の密度は20代がピークで太さは30代半ばがピークになります。
30代半ばを過ぎると、徐々に髪の毛に腰がなくなり、少なくなってきたのを実感する人が多いでしょう。

 

40代後半位から更年期の症状で女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増えることなどで薄毛・脱毛の原因になります。また、あまり薄毛のことを気にするとストレスで悪化する場合もあるので、ストレスを溜めないように心がけましょう。

 

このように、健康に良い生活習慣をつけることが薄毛にも効果があるので一石二鳥です。70代を過ぎると正しい生活をしていても脱毛する女性も多いですが、最近は薄毛が若年化しているのが特徴です。