妊娠・出産で抜け毛が増える?

妊娠・出産後に抜け毛が気になる方も多いと思います。これを『分娩後脱毛症』と呼びます。
妊娠中は、体内のホルモンバランスが大幅に変化するために抜け毛が増える方が多いのです。

 

これは、『プロゲステロン』という黄体ホルモンの分泌が活発になるためなのです。
プロゲステロンは、妊娠を継続するために栄養分・水分を体内に溜め込むためのホルモンです。

 

妊娠中に太りやすかったりむくみで下半身がパンパンになったり靴が入らなくなる等はこのための現象です。このプロゲステロンには、髪の毛の寿命を伸ばして育毛させる効果があるのです。

 

このことでヘアーサイクルが狂った状態になり、産後に抜け毛がひどくなったりします。
妊娠中には、通常髪の毛が増えたとか、抜けにくくなったと感じやすいかも知れません。

 

もし、妊娠中に抜け毛を感じるなら、ストレスや食生活が原因の可能性も大きいです。
つわりで食欲が無くなりほとんど何も食べられなくなる方もいます。

 

中には、つわりが悪化して入院して点滴を受けたりする方もいます。嗜好も変化するので、食生活が偏りがちになりますが、なるべく1日3食バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

栄養不足に気をつけてストレスを感じないような環境を作ることも大切です。
抜け毛を気にし過ぎるとさらにストレスになります。

 

産後うつなどで普段より様々なことが気になってしまう方も多いので考え過ぎるのも抜け毛に逆効果です。気にし過ぎないことも大切です。